スポンサードリンク

2016年02月20日

確定申告 案内 年分

確定申告の提出期間中は税務署がものすごく混み合います。特に3月に入ってからは確定申告の提出やら相談やらで人がごった返しています。スムーズに手続きを済ませるのであれば、早めに準備をして2月中には提出を済ませてしまうのが賢明です。仕事が忙しくて税務署まで提出に行けない方や、書類の作成に慣れていて不備がないと思う方は郵送で提出も可能です。私は税務署の営業時間外に税務署の前に置いてある提出用ポストに投函してきました。確定申告はいつでも受け付けているという訳ではありません。

毎年1月1日から12月31日までの所得を計算して書類を作成します。提出する期間は翌年の2月16日から3月15日までの間になります。平成26年のように3月15日が土日にあたる場合は、週明けの月曜日が最終提出日になります。(平成26年の確定申告提出期限日は、3月17日(月)でした。)このサイトは主に「脱サラして個人事業主として商売を始めた方」向けに書いています。なぜそうなのかというと、運営主である私自身が脱サラして個人事業主として商売をしているからです。

私の経験も踏まえて情報を提供することで多くの方のお役に立つのでは?と思いサイトを立ち上げました。もちろん脱サラしたわけではない個人事業主の方も読んでいただけると参考になるところがあるかもしれません。私の失敗談なんかも交えてお伝えしていきますので、読んでみてください。


posted by 国税庁 確定申告 2014 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 案内 年分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

確定申告 納税

収入金額とは、個人事業主やフリーランサーの場合は事業で得たお金のこと。不動産のオーナーであれば家賃収入のことです。所得金額とは、収入金額から必要経費を差し引いた金額になります。課税所得とは、必要経費以外に所得金額から差し引くことができる所得控除をすべて差し引いた後の金額を指します。課税所得はその名の通り、課税するための税率などを決める基準になるものです。青色申告をするには、あらかじめ税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておかなければいけません。

また、青色申告をするのであれば簡易簿記もしくは複式簿記で帳簿を作成する義務があります。こうした手続きのめんどくささから青色申告を敬遠する方も少なくありません。それでも青色申告はメリットだらけなので、取り組むのをおすすめします。確定申告の申告書Bは第一表と第二表と添付書類台紙がセットになっています。複写式の二枚組になっている第一表と第二表は全ての人が提出するものになります。複写の1枚めが税務署提出用、2枚目は自分の控えになります。

2枚目の自分の控えには税務署提出時に受け取り確認印を押してもらいましょう。郵送で確定申告をする場合も、必要な切手を貼った返信用封筒と一緒に控えの申告書Bも同封しておくと、受付印を押して返送してくれます。
ラベル:確定申告 納税
posted by 国税庁 確定申告 2014 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

国税庁 確定申告 医療費控除 計算

サラリーマンやOLの方が所得控除するケースで一番多いのが医療費控除なんだそうです。自分や家族が病気やケガで治療を受けて一定額以上の医療費を支払ったときに医療費控除をうけることができるとのことです。一定額以上というのが気になるところですね。総所得金額が200万円以上かどうかで計算が変わりますが、概ね1年の医療費が10万円をこえていれば医療費控除の対象になると考えて問題ないようです。アフィリエイトっておこづかい稼ぎみたいなイメージがありますが、事業としても十分に成り立つものだったりします。私はアフィリエイトで生計を立てているわけですから、もちろん事業として取り組んでいます。

で、事業としてのアフィリエイトって粗利率がめっちゃくちゃ高いんですよ。業種によっても粗利率って変わりますし、製造業は比較的粗利率が低くなる傾向にあるようです。日本を代表するトヨタですら粗利率は20%前後です。この数字を覚えておいてくださいね。一方、アフィリエイトの粗利率ですが、戦略・戦術にはよりますが80%〜90%ぐらいは問題なくとれちゃいます。ものすごく割のいい商売なんです。

所得税は所得に対して掛かる税金のことですが、所得の種類によって課税のされ方も変わってきます。所得の種類は10ありますので、それぞれどういった内容なのか見ておきましょう。事業所得とは、個人事業主やフリーランサーが営む事業から得られる収入が該当します。農業、漁業、医者、弁護士、芸能人、競馬騎手などが該当します。それらの人が本業で得た収入のことを指します。利子所得とは、金融機関に預けている預貯金の利子や保有している公社債の利子などを受けとることで得た収入のことを指します。

配当所得とは、株主や出資者などが法人から受け取った配当による収入のことを指します。不動産所得とは、土地や建物などの不動産を貸して得られる賃貸収入などのことを指します。不動産ではありませんが、船舶や航空機を貸し付けて得られる収入も不動産所得に該当するそうです。
posted by 国税庁 確定申告 2014 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 国税庁 確定申告 医療費控除 計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
国税庁 確定申告 2014」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。